税制適格退職年金保険料の引き上げの訳とは?

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 Q.税制適格退職年金保険料の引き上げの訳とは?

A.退職金資金準備先として保険会社等と税制適格退職年金契約を結んでいるケースがあります。
会社は退職金支払いのために毎月保険料を支払い、退職者が発生したら保険会社より直接退職一時金や退職年金が支払われるという仕組みのものです。
保険会社等は預かった保険料を運用しますが、バブル崩壊以降運用がうまくいきませんでした。その結果、多額の積立不足が発生したため対策を講ずる必要が出てきました。

税制適格退職年金契約では毎月の保険料を「予定利率5.5%」をもとに算出されてるものがあります。
これは5.5%の利息が付くものではありません。5.5%で運用できるものとして保険料を算出しているのです。
皆さんもご存知の通り5.5%で運用できるわけがなく、実質の利率は0.35%位とも言われています。
この利率の乖離が積立不足を更に加速させています。最近になり運用環境も好転したため実質利率も変化はあったかと思いますが、5.5%には程遠い数字であることでしょう。
よって積立不足を解消するには予定利率を引き下げる、つまり毎月の保険料を引き上げることが選択の一つとなりました。

これが保険料引き上げの理由です。保険料が今までの倍以上となってしまったケースもあったようで、実際には保険料の引き上げの対策を講じた方は少ないようです。

保険料増額による経営への圧迫及び予定利率は積立不足が発生したら必ず引き下げなくてはならないものではないことにより、事業主も保険会社等も予定利率をそのままとし積立不足が増加し続けている契約が未だに存在しているようです。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。