二つの視点からアプローチ

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 二つの視点からアプローチ

退職金制度の見直しを行う際には二つの視点からアプローチをする必要があります。
それは退職金制度について細かに規定してある退職金規程と退職金支払いのための資金準備の視点です。

これらに問題を抱えている場合には、両方同時に見直しをしなければなりません。
例えば退職金資金準備の問題である積立不足の問題を解消したとしても、退職金規程に問題を抱えたままでは何の問題解決にもなりません。
逆に退職金規程の問題である基本給をベースにした計算方法の問題を解決したとしても、退職金資金準備に問題を抱えていたのでは退職金制度の問題解決にはならないのです。

このことは退職金制度を見直す際には常に念頭に置いてください。
退職金制度に問題を発見したとき、これは退職金規程の問題なのか、退職金資金準備の問題なのか、或いは両方の問題なのかをしっかりと確認してから解決策を講じていきましょう。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。