退職金制度見直し議論に社員の参加

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 見直し議論に社員の参加

退職金制度の見直しの議論は経営者側の人間だけで行われることがほとんどです。
しかし、不利益変更が伴う見直しの場合や退職金制度を有効活用したいと考えている場合には、退職金制度見直しの議論に社員側の人間を参加させることが有効と考えます。

特に不利益変更が伴う場合は、その必要性をしっかりと認識してもらい、会社と社員との架け橋となってもらう必要があります。
労働条件が不利になるにもかかわらず、社員側の意見が全く取り入れられず、一方的に会社側の意見を押し付けられたのでは、社員側の同意を得ることは難しくなるでしょう。
よって不利益変更が伴う退職金制度の見直しの場合には、見直し当初から社員側の人間を参画させることをお勧めします。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。