税制適格退職年金の移行とは?

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 Q.税制適格退職年金の移行とは?

A.税制適格退職年金契約は2002年の法律の改正により新規契約ができなくなりました。また既存契約についても2012年4月以降は適格性がなくなってしまいます。
適格性がなくなるということは、退職金の支払のために積み立てているにも関わらず保険料の損金計上ができなくなるということです。これでは税制適格退職年金制度を継続する意味がないので実質的に廃止が決定したようなものと言われています。

そこで今までの積立残高を他の制度へ移行できることとなりました。
移行先としては厚生年金基金、確定拠出年金(日本版401k)、確定給付企業年金、中小企業退職金共済制度と4つあります。
多少は制限がありますが、基本的には会社に適した制度へ移行の手続きをとることができます。
つまり現在税制適格退職年金契約をしている会社は、2012年までに税制適格退職年金契約の解約と同時にその積立残高を他の制度へ移行しなければならない状態にあるということです。

しかし事態の本質は移行することではありません。
税制適格退職年金契約を含めた退職金制度全体に問題を抱えているケースが多いということです。
またこの問題は積立不足が発生していることや2007年以降始まる団塊の世代の大量退職のことを考えると緊急を要する可能性があります。

中小企業退職金共済制度の運営者である独立行政法人勤労者退職金共済機構が行ったアンケートによると、税制適格退職年金契約先の約6割の会社が”対応を決めていない””廃止されることを知らなかった”という結果となりました。
このことからも自社の退職金制度に問題が発生していないか急いで確認する必要があります。放置しておくと深刻な事態になりかねません。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。