不利益変更見直しのポイント

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 不利益変更見直しのポイント

退職金の給付水準を引き下げるなど、社員の労働条件に対して不利益変更を行わざるを得ない状況の退職金制度の見直しの場合には慎重な対応が求められます。一方的に不利益変更を行うと社員とのトラブルに発展してしまうことが多々あるからです。
そこで一般的に不利益変更が認められる可能性が高いケースを説明します。
しかし注意していただきたいのは、不利益変更が認められるといっても過去の判例に基づいたものであり、訴訟に発展した場合、事案が少しでも異なると結論も異なってしまうことはよくあることなので、十分認識した上で確認して下さい。

退職金等労働者にとって重要な労働条件を不利益に変更する場合、そのような不利益を労働者に及ぼすことが認められるだけの高度な必要性が求められます。
不利益変更を行う理由に合理性があれば、一方的に不利益変更を行ったとしても認められる可能性はあります。
よって業績悪化を理由に一方的に不利益変更を課すことは認められません。

このようなことを理解したうえで不利益変更を行う必要がある場合には、最低でも次の事項を行う必要があるでしょう。
     ・労働者に対して不利益変更を行わなくてはならない必要性を十分に説明
     ・既得権の保障
     ・全労働者の同意
     ・代替措置の検討

上記のような措置を行ったとしても、訴訟となった場合、会社側が敗訴するケースはありますので十分注意して行ってください。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。