モデル退職金 一時金と年金を併用

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 モデル退職金 ~ 退職一時金と退職年金を併用している企業のモデル退職金

退職一時金と退職年金を併用している企業の会社都合の退職金支給総額をみると、定年退職時で高校卒では13,798千円、大学卒では15,496千円となっている。
なお、退職金支給総額とは、退職一時金と退職年金の一時金換算額の合計である。
これを月収換算(退職時のモデル所定時間内賃金に対する倍率)でみると、定年退職時で高校卒は30.9か月分、大学卒では30.5か月分となっている。
退職金支給総額を前回調査と比較すると、ほとんどの勤続年数・年齢で減少傾向にあることがわかる。

退職金一時金と退職年金を併用している企業のモデル退職金

退職支給総額の勤続年数による上昇カーブを勤続3年を基準(1.00)としてみると、高校卒では勤続10年で5.02、20年で15.67、30年で32.33、定年退職時で49.01となっている。
一方、大学卒では勤続10年で4.78、20年で15.05、30年で31.70、定年退職時で41.59となっている。

退職金支給総額の上昇カーブ

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。