一時金 最低勤続 特別加算 割増

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 退職金一時金制度 ~ 退職一時金受給のための最低勤続年数

退職一時金受給のための最低勤続年数は、自己都合退職の場合3年が53.2%と半数以上を占めている。会社都合退職の場合は、やはり3年が29.7%と一番多いが、1年も27.1%とさほど変わらない数値である。
この数値も前回調査とさほど変化はない。

退職一時金受給のための最適勤続年数

 退職金一時金制度 ~ 退職一時金の特別加算制度

退職一時金を支給している企業のうち、特別加算制度を採用してる企業は42.4%である。そのうち75.6%が功労加算を採用している。
この数値も前回調査とさほど変化はない。

退職一時金の特別加算制度

 退職金一時金制度 ~ 解雇等による退職の場合の割増退職金について

解雇など会社都合による退職の場合に、退職金規定外の退職金を支払ったことがある企業は155先(記入事業所に対する構成比22.4%)である。

解雇等による退職の場合の割増退職金

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。