Q.重大な背信行為があった場合でも、退職金請求権は認められるのですか?

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 判例に基づいた退職金に関する事例
 Q.重大な背信行為があった場合でも、退職金請求権は認められるのですか?

{ 事例の内容 }
退職金の基本的な性格は賃金であり、付随的に功労報償的性格を併せ有し、永年勤続の功労を抹消するほどの重大な背信行為がある場合には、退職金請求権の行使は権利の濫用となるとされた

{ 判決の要点 }
・退職金の性格
1.退職年金規約の該当条項は、退職一時金の給付額は勤続期間に応じ、退職時の基準給与に給付率を乗じた額とされ、支給条件を一義的明確に定めていることから、退職金の支給は使用者の義務とする趣旨と解される。
そして給与規程及び退職年金規約には、懲戒解雇の場合の退職金の支給制限規定が置かれていることからすれば、被告会社の退職金は基本的に賃金の性格を有し、付随的に功労報償的性格をも併せ有しているものと解される。

2.退職金不支給規定が置かれている会社において、従業員が自己都合退職後に在職中に懲戒解雇事由が存在していたことが判明した場合においては、その懲戒解雇事由が当該従業員の永年の勤続の功労を抹消してしまうほどの重大な背信行為である場合には、当該退職者が退職金請求権を行使することは、権利の濫用として許されなくなると解するのが相当である。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。