退職金の減額又は不支給に関する判例に基づいた考え方

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 退職金の減額又は不支給に関する判例に基づいた考え方

{ 判 例 }
被告Aは原告B社(広告代理店)に入社し、約10年間勤務した後に退職をした。
B社の就業規則によると、勤続3年以上の社員が退職した場合には退職金を支給すると規定され、また退職後に同業他社へ転職した場合には自己都合退職の50%の係数を乗じて退職金額が計算されることとなっていた。
退職時にBは自己都合退職係数を乗じた退職金64万8000円を受領し、その際に今後同業他社に就職した場合は、就業規則に従い受領した退職金の半額32万4000円を返還する旨の約束をした。
しかし、Aは退職後に同業他社へ就職し、これを知ったB社は支払い済みの退職金の半額に当たる32万4000円の返還を求めて提訴した。

判決は労働者側つまりAの敗訴となった。判決の内容は以下の通り。
・B社が営業担当社員に対して退職後の同業他社への就職をある程度の期間制限することをもって直ちに社員の職業の自由等を不当に拘束するものとは認められない。
・したがってB社がその就業規則において、同業他社への転職制限に反して同業他社に就職した退職社員に支給すべき退職金について、支給額を一般の自己都合退職による場合の半額と定めることも、本来退職金が功労報償的な性格を併せ持つことからすると、合理性のない措置とはいえない。
・すなわち、この場合の退職金の定めは、制限違反の就職をしたことにより勤務中の功労に対する評価が減殺されて、退職金の権利そのものが一般の自己都合による退職の場合の半額の限度においてしか発生しないこととする趣旨であると理解すべきである。
・このような就業規則の定めは、その退職金が労働基準法上の賃金にあたるとしても、同法16条(損害賠償予定の禁止)、24条1項(全額払い原則)、民法90条(公序良俗)等の規程に違反するものではない。

{ 判例のポイント }
・退職金は、支払条件が明確であれば、労働基準法第11条の「労働の対償」としての賃金に該当する。その法的性格は、賃金後払い的性格、功労報償的性格、生活保障的性格を併せ持ち、個々の退職金に実態に即して判断しなければならない。
・退職金の支給基準において、一定の事由がある場合に退職金の減額や不支給を定めることも認められるが、労働者の過去の功労を失わせるほどの重大な背信行為がある場合などに限られる。

{ ポイントの解説 }
・退職金の法的性格
退職金は、支払条件が明確であれば、労働基準法第11条の「労働の対償」としての賃金に該当し、退職金請求権は法的な保護を受ける。
その法的性格は、賃金後払い的性格功労報償的性格、生活保障的性格を併せ持つものと理解されている。
また、支給に関する明確な定めがない場合でも、恩恵的な給付としての退職金が支払われることがある(ただし、この場合、退職金請求権が認められないことがある)。
このように、退職金には多様な性格が認められ、長期に勤続すればするほど有利に算定される方式がとられたり、自己都合退職と会社都合退職との間で退職金の金額に一定の差異があることが多い。
また、退職後同業他社に就職した場合や懲戒解雇に処せられた場合に、退職金の減額や不支給とする取扱いをすることが一般的であり、その内容が合理的である限り有効とされる。
こうした取扱いは、退職金が功労報償的な性格を有することを意味しており、退職時に使用者が勤務の再評価を行う趣旨と理解されている。
ただし、退職金の減額や不支給は、賃金後払い的性格との関係で問題となる。

・退職後の同業他社への転職
退職金の減額・ 不支給条項の有効性について、上記判例のように、一定の事情の発生により、勤務中の功労に対する評価の減殺に応じて、退職金の権利そのものが減額・ 消滅するものであり、合理性がないとはいえない。
例えば、退職後の同業他社への転職について、モデル裁判例と同様に、減額を認める裁判例もある。
ただし、減額・ 不支給条項の適用にあたって、退職金の趣旨や性格から、限定的な解釈を行う裁判例も多い。
これに対して、退職金の不支給は顕著な背信性がある場合に限ると解するのが相当であり、その判断にあたって、不支給条項の必要性、退職に至る経緯、退職の目的、会社の損害などの諸般事情を総合的に考慮すべきとして、不支給条項の適用を否定し、退職金の支払いを命じたものがある。
また、退職金の適用除外事由として「懲戒解雇された場合」しか定められていなかった場合に、これを限定列挙と解し、退職後同業他社に就職した労働者に対する退職金の支払いを拒否できないとするものがある。

・懲戒解雇相当の背信行為
そして、懲戒解雇に相当するような在職中の背信行為を不支給条項として定めている場合、懲戒解雇が有効なときは退職金請求権を否定する裁判例が多い。
また、功労報償的性格から、在職中に懲戒解雇に匹敵する重大な背信行為を行った者の退職金請求が権利の濫用にあたるとしたもの、退職年金受給者に雇用期間中の功績を無にするほどの不祥事があった場合に、年金支給を停止することができるとしたものなどがある。
これに対して、過去の労働に対する評価を抹消させてしまうほどの背信行為があったとは認められないとして、退職金の支払いを命じる裁判例もある。
なお、やや古い裁判例だが、経営秩序違反があったものの、退職金の全額を失わせるような長期勤続の功を一切抹消するほどの不信行為とはいえないので、退職金額の6割を超えて没収することは許されない(4割分支給)として、割合的な支給を認めたものもある。

  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。