積立不足

  スポンサード リンク



>> 退職金制度情報

 Q.退職金資金の積立不足とは何ですか?

A.将来の退職金の支払いのために毎月一定額を拠出して、積立をしている会社は多いことでしょう。
毎月拠出する金額は将来支払うと予想される退職金額に基づいて計算されているはずです。
よって通常であれば、ある時点の積立金残高と退職金支払い必要額は一致します。
しかし何らかの要因で積立残高が予定している金額よりも不足してしまうことが起きてしまいます。

ここでは運用環境が悪化したことにより年利が低下した場合について説明します。
以下の図は10年後に1000万円の退職金が必要なため毎月積み立てしていくと仮定したケースです。

積立不足説明図

このように年利が変わると毎月拠出する金額も変わります。
いわゆるバブル期とバブル崩壊以降の年利を比較すると上記の図のような年利の差があったでしょう。
運用環境が悪化して年利が下がれば予定している金額よりも不足してしまうのは当然のことです。
その時点で毎月の拠出額を増額するか、退職金の給付水準を引き下げるかの対応をとっていれば積み立て不足は発生しませんが、実際には対応できていないのが現実ではないでしょうか。

近年運用環境は好転してきていますが、バブル崩壊以降のツケをすべて清算できているのでしょうか?
自社の退職金資金に積み立て不足が発生していないか確認する必要があると考えます。


  スポンサード リンク

 
【プライバシーポリシー】
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記を参考にしてください。

Google AdSense について
広告配信事業者としての Google は cookie を使用して広告を配信しています。
Google で cookie を使用することにより、インターネットにおける当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づいてユーザーに広告を配信することが可能になります。
ユーザーはGoogle の広告およびコンテンツ ネットワークに関するプライバシー ポリシーにアクセスし、cookie オプションを使用しないように設定することができます。