統計データ

退職金制度に関する統計データは数多くありません。しかし給付水準や計算方法など参考にしたい方は多いようです。
そこで統計データを掲載することとしましたが、統計データを基に他社に合わせたような退職金制度の設計を行っても、退職金制度を有効活用する点から考えると意味がないように感じますので、参考程度に確認して下さい。

しかし、退職金の給付水準を引き下げざるを得ない状況となった場合などは、同じ産業や同じ企業規模の退職金給付水準を参考にすることは必要なことなので、しっかりと確認して下さい。

また、この調査は東京都産業労働局が行ったものであります。何か不都合等ございましたら、お手数ですがご連絡をいただければ幸いです。


はじめに 一時金 有無及び形態

一時金 準備形態 算出方法 共済利用

一時金 最低勤続 特別加算 割増

年金 支払い準備 移行状況 移行後の形態

モデル退職金 一時金のみ

モデル退職金 一時金と年金を併用

詳細 退職一時金の支払準備形態

詳細 退職一時金基礎額の算出方法

詳細 退職一時金の算出方法

詳細 退職金共済制度の利用状況

詳細 退職一時金受給のための最低勤続年数

詳細 退職一時金の特別加算制度

詳細 解雇等による退職の場合の割増退職金の支払状況

詳細 退職年金の支払準備形態

詳細 新しい退職年金制度への移行状況

詳細 制度移行後の形態

詳細 モデル退職金 一時金 調査産業計

詳細 モデル退職金 一時金 製造業

詳細 モデル退職金 一時金 サービス業

詳細 モデル退職金 一時金 卸売・小売業

詳細 モデル退職金 一時金 10人~49人

詳細 モデル退職金 一時金 50人~99人

詳細 モデル退職金 一時金 100人~299人

詳細 モデル退職金 併用 調査産業計

詳細 モデル退職金 併用 製造業

詳細 モデル退職金 併用 卸売・小売業

詳細 モデル退職金 併用 サービス業

詳細 モデル退職金 併用 10人~49人

詳細 モデル退職金 併用 50人~99人

詳細 モデル退職金 併用 100人~299人